れとろわーるど

思いつくまま自由気ままに更新する予定のブログ。 素直クールがキーワード!

ごめんみくびってた SEO対策!
SEO対策 :SS :小説 :クール :女王様 :スク水 :ボクっ娘 :邪神 :クトゥルフ
:feel :メイド :ゴスロリ :巫女 :喫茶店 :紅茶 :スコーン :洋館 :ヒーロー
:ヒロイン :幹部 :怪人 :戦闘員 :砕石 :ブロック崩し :特撮 :SF :ファンタジー :コメディ :恋愛

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- [--]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なにか感じるものがあったらクリックしてもらえると喜びますw 

陸海空 -Caress of Venus- 第一章 第十三話

2006/01/01 22:25 [Sun]
19-01

 目の前にはソファに腰かけ、紅茶を楽しむクーがいる。
 その横でティーポットを手にさぶらう。
空  「公人さん。やはり、一人で紅茶を頂くのは退屈です。ここにお座りになって下さい」
 クーは優雅な動作で隣の席を指し示す。しかし、そこにキッチンから夏海が口を挟む。
夏海「あら。侍従と同席するなんて、クーは淑女としての心構えが出来ていないようね」
 侍従の分も食事を用意する淑女というのは、夏海的にアリなのだろうか?
空  「設定に問題があります。ゴシックテイストは構いませんが、主人と侍従のように一歩引いた関係では、甘える事も出来ません」
夏海「主人と侍従ってのも、退廃的っぽいしスタンス的には間違ってないと思うけど?」
空  「先程の台詞と矛盾しています。夏海は、夏海なりの解釈でゴシックを極めてください。私は純真な従弟を誘惑する淫蕩な従姉、という方向性で進めてみたいです」
 クーは立ち上がるとティーポットを受け取りテーブルに置く。返すてのひらで引き寄せられソファに座らせられた。
公人「……俺としては、そういった設定だったらいらないんだが」
夏海「ほら、公人だって言ってるじゃない。二人の女主人に翻弄される侍従の方がいいって」
公人「それもお断りだ」
     移ろいゆく日常の中──

      大切なモノが増えてゆく──

       愛おしい存在が心に刻み込まれてゆく──

空  「では、中間を取ることにしましょう」

      以前の自分には決して戻れない──

       決して手放したくない──

夏海「じゃぁ、純真な従弟を侍従として従えさせる淫蕩な従姉たちでいいじゃない」

       必ず守り抜く  君を──

        君たちを──



第十二話へ戻る     ブログトップへ戻る     第二章へ進む


スポンサーサイト
なにか感じるものがあったらクリックしてもらえると喜びますw 

« 陸海空 -Caress of Venus- 第二章 第一話  | HOME |  陸海空 -Caress of Venus- 第一章 第十二話 »

この記事へのコメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

 

この記事のトラックバックURL

http://retroworld.blog26.fc2.com/tb.php/25-2322d1b6

この記事へのトラックバック

 | HOME | 

プロフィール

elc ◆ForcepOuXA

Author:elc ◆ForcepOuXA
不定期更新の予定ですが~
亜流素直クールとネタだけで
爆走するちょっと小粋なブログです。

ごめん、言いすぎた……

最近のトラックバック 

夏海サイトへ ミラーシェイドへ あ、れ……?

素直クールなリンク

*管理者ページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレスが入力されていないと送信されないので仮のアドレスを入力しておきます。

なんとなくランキング

ブロとも申請フォーム

使いまわしカウンター

ブログ内検索

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。