れとろわーるど

思いつくまま自由気ままに更新する予定のブログ。 素直クールがキーワード!

ごめんみくびってた SEO対策!
SEO対策 :SS :小説 :クール :女王様 :スク水 :ボクっ娘 :邪神 :クトゥルフ
:feel :メイド :ゴスロリ :巫女 :喫茶店 :紅茶 :スコーン :洋館 :ヒーロー
:ヒロイン :幹部 :怪人 :戦闘員 :砕石 :ブロック崩し :特撮 :SF :ファンタジー :コメディ :恋愛

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- [--]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なにか感じるものがあったらクリックしてもらえると喜びますw 

陸海空 -Caress of Venus- 序章 第五話

2005/11/23 19:49 [Wed]
05-01

夏海「今日は早いじゃない。深夜にならないと帰ってこないんじゃないかと思ってたわ」
 津川は突然の理奈の登場に、慌てて上半身を離す。
理奈「夏海は私がいない間に何かしようとしてたの? 彼、公人君だったっけ?」
空  「ええ、そうです」
 陸海さんは所有権を主張するかのように俺を引き寄せる。恥ずかしいからやめてくれ……
理奈「取らないから安心しなさい。でもクーがこんな事してるのは興味深いわね~」
夏海「それは私なら普通にこういう事してると言いたいのかしら?」
 冷気を纏った笑顔を理奈に向ける。つぅか津川、ブラしまえ。

 つかつかとテーブルまで歩いてくると、空いてるソファに座り料理を摘まむ。
理奈「手料理と色仕掛けで攻略中、と。あぁ、こっちは気にしなくていいから好きなだけ張り切りなさい」
 二人を止めろよ。

夏海「人の作った料理を勝手に食べておきながら、好き放題言ってくれるじゃないの」
理奈「これくらいいいじゃない。公人君、食べきれないでしょ?」
公人「流石にこれは多すぎるし。つぅか、二人をどうにかしてくれ」
理奈「そういう面倒事には首を突っ込まない主義なの。頑張ってちょうだい」
 類は友を呼ぶって事か……
空  「これは私が作った料理です。お一つどうぞ」
 料理の載った皿を理奈に手渡すと、隣に座りなおし当然のように抱き付いてくる。
理奈「公人君も好かれてるわね~。いつからなの?」
空  「今日です」
理奈「それはまた強烈なアプローチね~。……ん? クー、料理上手になってるじゃない」
 陸海さんの作った手料理を摘まんでビックリした表情を浮かべる。
空  「公人さんへの愛が詰まってますから。リンにも褒めてもらえて嬉しいです」
理奈「夏海の料理は相変わらず何が起こってるんだか分からない味だしね~」
夏海「それって絶対褒めてないでしょ」



05-02

理奈「そんな事ないわよ。以前この料理の謎を解明しようとして組成とか調べた事があるんだけど、至って普通だったのよね~。それで同等の食材と考えうる限り最高の料理人を用意して実験してみても、夏海の料理には到底及びつかない出来だったし。まぁ仕方がないから、オーパーツの一種だと考える事にして研究チームは解散させたのよ。あの時は悔しかったわね~」
夏海「研究チームって、アンタなに馬鹿な事やってるのよ……」
 流石は津川の友人、どこかおかしい。

理奈「で、公人君って何してる人? 大学生なの?」
夏海「そういえば聞いた事ないわね」
公人「あ~」
空  「私達と同じ大学の2回生で専攻は情報学、夏海のアルバイト先の常連で住所は──」
公人「ちょっと待──!」
夏海「ちょっとクー! 何でそんな詳しい事まで知ってるのよっ。それに公人が私達の後輩って本当なの!?」
 全然喋れん。女同士の会話に参加しようとする事自体間違ってるのかも……

空  「夏海が突然アルバイトを始めた理由を調べてみたところ、原因の一端に公人さんが絡んでいる可能性が出てきたため、少しだけ調べさせて頂きました」
夏海「なっ!」
公人「まさか興信所とか使ったわけ?」
空  「いいえ。それくらい自力で可能ですし、逆に怪しまれる原因になりかねませんから。安心してください、ゴミ袋を漁ったり盗聴、盗撮の類はしていませんから」
 ……それは安心出来るのか?

理奈「つまり、夏海に好きな男が出来たので問題があるのかどうか素行調査してた。話をして人柄に惹かれていたところ、ここ数日以内に夏海が「好きじゃない」発言。今日になって優しくされた事が引き金になって公人君に告白ってところかしら」
空  「おおむねその様な感じです」
夏海「って、何で私が公人の事なんて好きにならなきゃいけないのよ!」
 相変わらず鋭角的な…… もはや何も言うまい。



05-03

理奈「あら。クー、良かったじゃない。ライバルかと思ったら恋のキューピットだったわよ」
 おいおい、何気に乙女チックだな毒舌なのに。
空  「はい、これで公人さんに振り向いて貰える可能性が上昇しました。ファーストキスを差し出すくらいなので男性として好きなのだと思っていたので安心しました」
夏海「余計な事まで言わなくていいのよ!」
理奈「ふ~ん、あの夏海がキスまでね~」
 うゎぁ、絶対楽しんでるよ…… 本質的に津川と同類だ。

夏海「別にキスくらいどうってことないしっ」
 首まで赤くしてそっぽを向く津川。
理奈「そう。それなら話は早いわ、クーの初恋の邪魔を一切しない事を誓いなさい」
 ズビシと津川を指差す高屋敷さん。命令し慣れてるなぁ。
夏海「なんでそんな事、リンに言われなきゃいけないのよ!」
 テーブルを叩き立ち上がる。ブラが目の前で揺れるのは目の毒だから服を着てくれ……

 かなり居心地悪いんだが、いつの間にか陸海さんに腕を抱きかかえられていたので、振りほどこうにも目立ちそうなので出来ない。今矛先が向けられるのは危険だし……
理奈「夏海の事だから好きじゃないとか言いつつ、クーと同じ事を公人君に求めてるでしょ。二人にしたら凄い迷惑よねぇ、貴女の下らないプライドの為に振り回されて邪魔されるんだから。少しでも人を見る目があるならクーに告白されて断る男はいないわね」
空 「そんな事はありません。夏海がいなければ公人さんとの接点はありませんでしたし、手料理を食べて頂く事も、口移しでワインを飲んで頂く事もなかった筈です。それに、告白したその日にこうして公人さんに接する機会はなかったでしょう」
 そう言って腕の中に身体を滑り込ませてくる。
夏海「クー……」



05-04

 今だ、今しかない! この重圧から抜けるチャンスを逃したら絶対後悔する!
公人「話の途中ですまない…… 今、俺には聞いておかなければいけない事があるっ」
 三人の視線が集まる。出来る限りの真面目な顔を心掛け、その機を伺う。
理奈「……何かしら? 分かる事なら答えるわよ」
 勝った、この空間の支配権を奪った!

公人「津川だけ名前で呼ばれてる理由って何?」

 沈黙。そして我慢できなくなった高屋敷さんが面白そうに笑い出す。
理奈「やられたわ、ここまで隙のない男だったとは計算外だったな~」
 見当違いもはなはだしいが、取り敢えず成功したのでよしとしよう。
公人「それこそ勘違いだけど、何か理由はあるの?」
理奈「空は分かりやすいけど、音読みしてクウ。呼び易いようにクーって伸ばしてるけどね。私はRINAってアルファベットに直して、最初の三文字でリンね。だけど夏海って崩しようがなかったからね~ カイは気に入らないようだし」
空  「カイという呼び方も悪くはないと思いますが」
夏海「嫌に決まってるでしょ……」
 ふむ、まだ津川はテンション上がらないみたいだな。

 ふと目が合いニヤリと笑う高屋敷さん。
理奈「そういう話題を出してきたって事は何か案があるんでしょうね、公人君?」
 話題逸らしの意味を勘違いしてる気もするが、まぁ結果オーライでいこう。
 何かいい案はないかと考える。視線を感じ三人を見ると微妙に期待の眼差し。
 はぁ、俺は基本的に貧乏くじ引くタイプなのかなぁ……
公人「…………ツン?」
 津川の拳が脇腹に刺さった。



05-05

 部屋に響き渡る高屋敷さんの笑い声と俺の苦悶。
夏海「誰がツンですってーーっ! アンタとは一度トコトン話し合う必要があるようね!」
 俺は遠慮する。話し合いに拳を持ち込まれそうだ……
理奈「ツン最高~っ! これは決定だわね~~」
空  「NATSUMIからTSUMですか?」
夏海「ツンって呼ぶなーーーーーっ!」
 まぁ結果オーライ?

 ひとしきり笑うと、高屋敷さんがテーブル越しにずいっと身を乗り出してきた。
理奈「とことん想定外の事をしでかすわね~。君、悪くないわ。今度は私も混ぜてね」
 高屋敷さんの言葉を聞いて力任せに俺を引き寄せる陸海さん。
 だから背中に胸を押し当てるのは反則だって……
空  「……リンも、なのですか?」
公人「あはは…… 高屋敷さん、あまりからかわないで貰えると色々と助かるんですけど」
理奈「別にからかってないけどね~、まぁ好きに取りなさい。それと、苗字で呼ばれるのも余所余所しいし、リンでいいから。高屋敷なんて呼びづらいでしょ、先輩でもさんでも好きに呼んでいいから」
空  「私もクーと呼んで下さい。敬称は付けない方が好みです」
夏海「何か二人とも無理矢理私をツンと呼ばせたいみたいね」
 にっこりと棘のある微笑み。

 取り敢えず回復したようだ、後はこれ以上俺に被害が来ない事を祈るだけだが……
理奈「私は呼ぶわよ? ツンってまさに夏海にぴったりじゃない」
公人「……リンさん、これ以上津川を刺激するのは俺に被害が来るので──」
理奈「リンさんって燐酸っぽくて嫌ね。先輩って呼ぶのが嫌ならリンでもいいか~。そう思わない? ツン」
 悪魔め……
夏海「公人が私の事を夏海と呼ぶなら、リンの好きに呼んでいいわよ……」
 俺の脇腹に拳を当てる。殴られるのかと思い身を固めたところ、首に腕が巻きつく。
 耳元に当てられた唇から微かに聞こえた声は、好き。と一言だけだった。



05-06

理奈「明日に備えて寝ようかな。あ、シャワーは浴びてきたから後は好きにしなさい」
 それだけ言うとリンは二階へ上がっていった。通り過ぎた時の含み笑いは絶対忘れん……
公人「リンってここに住んでるの?」
空  「はい、三人で住んでいます」
公人「あぁ、だから津川が『貸家だから気にせず入れ』って言ってたのか、てっきり──」
 俺の首に腕を絡ませたまま軽く身体を離す津川。
夏海「てっきり何かしら? それと津川じゃない! 夏海っ!」
公人「あ、ぅう…… 夏、海はオープンな性格だからかなぁ、と……」
夏海「はっきり言いなさい、夏海よ。なつ・みなんて名前じゃないわ、言い直し!」
 ツッコむ部分はそっちかよ。

公人「……夏海」
夏海「好きだ、が抜けてるけど許してあげるわ」
 柔らかく絡み付いてくると、唇をこじ開けるようにキスしてくる夏海。
 肩を掴んで引き離すと、不満げに拗ねた表情でそっぽを向く。
公人「いや、だからそういうのはヤメロ。」
空  「結局、夏海は公人さんの事が好きなのですね?」
夏海「あ、……れ? そういう事になるのかなぁ~?」
空  「ペナルティが必要です。後片付けは任せました、私は公人さんと一緒にお風呂に入ってきます」
 凛とした声で宣言する陸海さん。えーーー!と声を上げるのは夏海と同時だった。

夏海「ダメっ、一緒に入る!」
公人「もう遅いし帰るから」
夏海「服、洗濯して濡れたままなのに?」
空  「こんな時間に上半身裸で帰るつもりですか?」
 すべて計算して行動してるのかと疑うほどの状況ばかりだ……。
公人「でも流石に乾くのを待つわけにはいかないし」
空  「泊まっていって下さい」
夏海「裸とかシーツ被って帰るのは問題あるわね。風邪をひいたり痴漢に間違われたりするわね、確実に」
 と言って携帯電話を取り出す夏海。……それは暗に脅迫してないか?



05-07

公人「……分かった、泊まらせて貰うから風呂くらい一人で入らせてくれ」
夏海「いいわよ、先に入っちゃって。私は後片付けしておくから」
空  「そういう事ですか。では、公人さん、お風呂にご案内します。」
 廊下の突き当りにある風呂とトイレの場所を教えて貰う。
空  「タオルはこれを使って下さい。それと今日は冷えますので湯船でゆっくり温まって下さいね」
 そう言って二階に上がっていく陸海さん。あっさりとした態度に拍子抜けするが、いつ気が変わって乱入してくるとも限らないので急いで入る事にする。

 脱衣所を抜け風呂場に入ると、その大きさに驚く。脱衣所込みでアパートの部屋が収まりそうだ。
 掛け湯をして湯船に浸かると無意識に溜め息が出る。リラックス出来なかったからなぁ。
公人「それにしても広い風呂でいいなぁ~。毎日こんな風呂使えるなんて羨ましい」
空  「でしたらアパートを引き払ってここに住みませんか?」
 失礼します、と付け加えつつ風呂場に入ってくる陸海さん。
 申し訳程度にタオルで身体を隠しているのが逆に色気を醸し出している。
空  「やはり少し恥ずかしいです……」
 と言ってもリビングにいた時より涼しげな表情をしてるような……
 って見惚れてしまっていた事に気付き慌てて目をそむけた。

公人「そ、その割には冷静に見えるけど。じゃなくて、二階に行ったんじゃなかった?」
空 「はい、着替えなどを用意していました。それと、とても恥ずかしいのですが喜びの方が大きいので、その様に見えるかも知れません」
 そこでやっと少し冷静さを取り戻す事が出来た。慌てて後ろを向いて身を縮こませる。
 陸海さんが湯船の空いた部分に身を沈めてくる。
公人「ちょっと待て。風呂くらい一人で入らせてくれと言った時、納得したんじゃ……」
空  「片づけが終わったら夏海も来ますよ。それより、リラックスして下さい」
 リラックスさせようと肩に手を当てて揉み始める。それは逆に緊張するんだが。
公人「それ答えになってない……」
空  「夏海の返答は泊まらせて貰うに『いいわよ』お風呂に一人でに『先に入って』と答えていました」
公人「っていうか、言い忘れた。出てけ」



05-08

空  「では背中を洗って差し上げます。そこに座って下さい」
公人「え~と、流石に風呂は一人でゆっくりしたいんだけど」
空  「やっと二人きりになれたのですから、私の要望も聞いて欲しいです」
 確かに夏海に振り回されっぱなしだった気もするし少しくらいは…… って違う!
公人「今日は色々とご馳走になったし、俺に出来る事なら可能な限りしてあげたい……」
 縮こませていた身体を包むように腕が廻される。今度はブラなしの直接攻撃。
 その破壊力に全身の力が抜ける、一部分を除いて。
空  「何かをして欲しいのではなく、公人さんの望む事を全て叶えたいだけです……」
 背中に頬をすり寄せると共に胸と腹に廻された腕に力が篭る。

 ヤバイ、と思って陸海さんの腕を掴んだが時既に遅く、リトルボーイが腕に当ってしまう。
空  「……あの、宜しければ鎮めて差し上げます。なにぶん初めてですので拙い──」
公人「いやっ大丈夫! つぅか離れてくれれば大丈夫になる、予定!」
 陸海さんは、時が止まったかのように身動ぎしない。永遠とも思える沈黙の世界。
空  「…………やはり迷惑ですね。私自身、男性に好意を寄せるようになる時が来るとは思いもよりませんでしたし。好きな人に対する接し方というものが分からないのに、何かをしてあげたいなんて思い上がりが過ぎました」
 固く廻されていた腕が解かれ、陸海さんの身体が離れていく。
 気付いた時には抱きしめる立場が逆転し、強く陸海さんを抱きしめていた。

公人「陸海さん、違うんだ。君みたいな美人に告白されて迷惑だなんて思えるわけない。ただ、あまりに突然で自分の気持ちがハッキリしてなくて、こんな状態で確実な返答が出来ないんじゃないかって……」
 俯いていた陸海さんが顔を上げる。
空  「陸海さんじゃないです。クーです」
公人「……クー」
 ごく自然に、そうある事が当然のように腕が絡まって来て、熱く唇を重ね合わせた。



05-09

夏海「お待たせ~。やっぱり作りすぎ……」
 突然の乱入に不意を付かれる。身体を離そうにもしっかり抱き締められ、唇を離そうとしても絶妙な首の動きでついてくる。
 仕方なくクーの頭を両手で固定し何とか剥がす。
公人「いやっ、誤解はするなよ。別にやらしい事をしようとしてたわけでもなく──」
 バスタオルを身体に巻いた姿で仁王立ちする夏海。徐々に髪が逆立ってきてるように見えるのは錯覚に違いない、うん。
夏海「さっさと…… 離れなさいっ!」
公人「は、はい!」
 その声に危険を感じ生存本能のみでクーの肩を掴み引き剥がす。

 沈黙。
空  「まぁ……」
夏海「…………っこ、この変態ーーーーっ!」
 どこから取り出したのか、夏海の手からすっ飛んできた風呂桶が顔面に激突するのと、俺がとある理由で鼻血を噴出したのはほぼ同時だった。

 気がついた時にはクーに膝枕され、腰にタオルが掛けられたうえに風呂桶を置かれた状態だった。
 何となく風呂桶が乗っている理由が分かる気もするが、恥ずかしいので考えるのをやめる。
空  「公人さん、気が付きましたか?」
 泣きそうな表情のクーが、俺の頭をタオルを巻いただけの胸に抱き入れる。嬉しいんだけど、またリトルボーイが投下OKになっちゃうって……

公人「もう、大丈夫だから。そういえば夏海は?」
夏海「ここにいるわよ」
 声の聞こえた方向、湯船から顔を半分出した状態で夏海がこちらを伺っていた。
 イメージ的に捨て猫みたいな感じ。
公人「え~と、さっきのはだな~」
夏海「一応全部クーから聞いたから言わなくていいわよっ」
空  「それよりも身体が少し冷えてしまいましたね。お湯に浸かりましょう」
 夏海に少し後ろめたい気持ちもあり、素直に従う事にした。



05-10

 腰にタオルを巻いたまま入ろうとしたが、行儀が悪いの一言で却下された。
 当然、一度入ると言った以上、この二人が許してくれる筈もなく今に至る。
夏海「……たまには裸の付き合いってのもいいかも知れないわね」
公人「それは本来の意味と違うぞ」
空  「そうですね。本音で付き合う、とか心をさらけ出して相手に対して誠意を──」
夏海「っ、場を和やかにする為の冗談にツッコミ入れないでよ!」
 いや、さっきの口調はホンキでそう思ってただろ。

公人「まぁそれはひとまず置いておいて、俺の両腕を解放して貰えると色々と助かる」
 もう説明するのが嫌になるくらい全く同じ状況。つぅか乳くっ付けるな……
 ちなみに俺の両手は、時折現れる対潜哨戒機から戦略潜水艦を守るために使われている。
 言うまでもないが核ミサイルの発射管は注水済み。
空  「そうですね、そろそろ身体を洗いましょう」
夏海「そうね、今日は長風呂したくない気分だわ」
 示し合わせたかのように一斉に立ち上がる。勿論腕は離してくれないので危険が大ピンチ。

公人「ちょっ、お前ら見える、身体くらい隠せ! つぅか腕離さないと見えちゃうだろ!」
夏海「好きに見ていいから立ち上がりなさい」
空  「いくらぬるめのお湯でも長時間浸かっているとノボせてしまいます」
 女二人の力でも不利な体勢の男ならどうにでも出来てしまう。
 結局されるがままに椅子に座らせられ、身体を洗って貰う事になる。

公人「身体を洗って貰う事は承知した。だから、せめてタオルで身体を隠して下さい」
 悲しい事だが一番の弱者の身では、お願いするしか生き残る道はない。
空  「私は見られても構いません。むしろ見て欲しいです」
夏海「私も見られて困るような身体付きじゃないから構わないわよ」
公人「オ レ ガ コ マ ル ン ダ !」
空  「では私の身体も洗って下さるならお受けします」
夏海「そうね、おねぇさんの身体を磨き上げてくれるなら条件飲んでもいいわよ」
 まだまだ災難は続きそうだった……



第六話へ進む     ブログトップへ戻る     第四話へ戻る


スポンサーサイト
なにか感じるものがあったらクリックしてもらえると喜びますw 

« 陸海空 -Caress of Venus- 序章 第六話  | HOME |  陸海空 -Caress of Venus- 序章 第四話 »

この記事へのコメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

 

この記事のトラックバックURL

http://retroworld.blog26.fc2.com/tb.php/6-8717db4e

この記事へのトラックバック

 | HOME | 

プロフィール

elc ◆ForcepOuXA

Author:elc ◆ForcepOuXA
不定期更新の予定ですが~
亜流素直クールとネタだけで
爆走するちょっと小粋なブログです。

ごめん、言いすぎた……

最近のトラックバック 

夏海サイトへ ミラーシェイドへ あ、れ……?

素直クールなリンク

*管理者ページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレスが入力されていないと送信されないので仮のアドレスを入力しておきます。

なんとなくランキング

ブロとも申請フォーム

使いまわしカウンター

ブログ内検索

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。