れとろわーるど

思いつくまま自由気ままに更新する予定のブログ。 素直クールがキーワード!

ごめんみくびってた SEO対策!
SEO対策 :SS :小説 :クール :女王様 :スク水 :ボクっ娘 :邪神 :クトゥルフ
:feel :メイド :ゴスロリ :巫女 :喫茶店 :紅茶 :スコーン :洋館 :ヒーロー
:ヒロイン :幹部 :怪人 :戦闘員 :砕石 :ブロック崩し :特撮 :SF :ファンタジー :コメディ :恋愛

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- [--]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なにか感じるものがあったらクリックしてもらえると喜びますw 

銀世界 Lost Number

2007/09/09 17:15 [Sun]
月下


 陽も落ち、夕闇が世界を覆いつくした中を二人で歩く。
 隣を歩いていたクーが足を止め、柔らかな光で照らされた川原を見つめる。
「あれは鈴虫かな」
「もう秋になるんだな」
「そうだね。キミと出合った季節がまた訪れた」
「クーと知り合って二年になるのか」
「ボクは知り合いって関係で終わらせる気はないけどね」
「う…… それはさておき、急に涼しくなったな」
「またそうやって話をはぐらかそうとする」
 クーは不満そうな声で軽く口を尖らせる。
「まあいいよ、時間まだあるでしょ?」
「特に急ぐ用事もないけど」
 身体の向きをこちらに向けると軽く微笑む。
 その動作で揺れた髪が柔らかな光の中でふわりと宙に舞い、
まるで妖精が舞い降りたのかと錯覚させる。
「それじゃ、少しゆっくりしていこうか」
 そう言うと俺の手を引いて川に向かって歩き出した。

「こうして虫の音をただ聞くのもいいものだね」
「そうかもな」
「ボクは隣にキミがいてくれたら何でもいいんだけど」
 その言葉とともにクーは腕に腕を絡ませ頭を傾けてくる。
「うーん、やっぱり腕を組む方が好きかなー」
「ちょっと待て、普通男友達とは腕組まないだろ」
「そうかなー? でも好きな相手だったらいいと思うよ」
「好きとか嫌いとか簡単に言うなよ……」
「嫌いな相手だったら腕も組ませてもらえないよね?」
 俺は間近に見る伺うようなクーのまなざしに言葉が出ない。
 そして、わずかに微笑むと腕を抱きしめるように力を入れてくる。
「でもこういう友達でも恋人でもない微妙な関係っていうのもいいかもね」


スポンサーサイト
なにか感じるものがあったらクリックしてもらえると喜びますw 

« 軽い更新でお茶を濁してみる  | HOME |  カラオケ »

この記事へのコメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

 

この記事のトラックバックURL

http://retroworld.blog26.fc2.com/tb.php/77-2241aa59

この記事へのトラックバック

 | HOME | 

プロフィール

elc ◆ForcepOuXA

Author:elc ◆ForcepOuXA
不定期更新の予定ですが~
亜流素直クールとネタだけで
爆走するちょっと小粋なブログです。

ごめん、言いすぎた……

最近のトラックバック 

夏海サイトへ ミラーシェイドへ あ、れ……?

素直クールなリンク

*管理者ページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレスが入力されていないと送信されないので仮のアドレスを入力しておきます。

なんとなくランキング

ブロとも申請フォーム

使いまわしカウンター

ブログ内検索

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。